リミックス、仮想通貨流出額は30億円 海外でも被害

2019/7/14 21:09
保存
共有
印刷
その他

不正アクセスによる暗号資産(仮想通貨)の流出が起きたビットポイントジャパン(東京・港)の親会社、リミックスポイントは14日、当初約35億円としていた流出額が約30億2000万円だったと発表した。また、ビットポイントが取引システムを提供している海外の交換所でも、これとは別に2億5千万円程度の仮想通貨流出が見つかったと明らかにした。

【関連記事】
仮想通貨流出5万人が被害 ビットポイント社長が陳謝
ビットポイント社長「被害は5万人」 仮想通貨流出

不正流出の被害内訳は顧客資産が約20億6千万円、ビットポイント保有分が約9億6千万円。現金の流出はなかったとしている。

ビットポイントは自社で使っている取引システムを韓国などアジアを中心に海外6カ国の交換所へも提供。流出がどの交換所で確認されたのかは未公表だが、日本居住者による口座開設は受け付けていないという。

リミックスは流出分を補うだけの仮想通貨を保有済みとしており、必要に応じて顧客への補償にあてる考え。

ただどの仮想通貨からどのくらい流出したかや、流出原因の詳細などはまだ不明だ。リミックスは実態解明に加えて再発防止策や経営管理体制の見直しを進めるとしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]