地域版マース、相互利用可能に 国交省が検討会

2019/7/14 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国土交通省は各地で取り組みが広がってきた次世代移動サービス「MaaS(マース)」について、地域をまたいで広域で利用できるように連携ルールを整備する。民間企業や有識者を集めた検討会を今夏に設置し、共有するデータの種類や連携を促す方策を議論する。地域単位で研究が進むマースを全国規模のサービスにつなげて利便性を高める狙い。

マースはバスや鉄道、タクシー、車、シェアリングサービスといった交通手段を一つの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]