オン・ザ・グリーン

フォローする

涙の復活V、石川 「東京五輪もワンチャンス」
編集委員 吉良幸雄

(1/2ページ)
2019/7/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

伝統の国内メジャー第2戦、第87回日本プロゴルフ選手権(鹿児島・いぶすきGC)から一夜明けた8日。スポーツ紙一面には、プレーオフを含め37ホールの激闘を制した石川遼(27)の3年ぶりツアー15勝目を伝える大きな活字が躍った。大会を主催する日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長は、7日の表彰式後に「遼君が勝つと記事の扱い方が違うから」と話していた。期待通り、新聞・テレビでは男子ゴルフ界随一の人気者の復活Vが派手に報じられた。

日本プロゴルフ選手権で石川は3年ぶりツアー15勝目をあげた=共同

日本プロゴルフ選手権で石川は3年ぶりツアー15勝目をあげた=共同

「何かを持っている選手」と倉本会長。崖っぷちからはい上がった石川の勝利は「ミラクル」と表現しても大仰ではない。九州南部を襲った豪雨の影響で初日が中止になり、最終日は1日36ホールの長丁場で決勝ラウンドが行われたが、首位タイから出た第3ラウンドの4~6番の3ホールで5打落とした石川は、11、12番でも連続ボギーをたたき、通算5アンダーと首位に7打差をつけられた。この時点で逆転優勝を信じた人は少なかったはず。しかし、石川は苦境を打開、ショットを立て直して残り25ホール(黄重坤とのプレーオフ1ホールを含む)を1イーグル、9バーディー、1ボギーの10アンダーで回ってのけたのだ。

■土壇場で見せた底力

最終ラウンドの後半、優勝争いをリードしていた星野陸也が14番で1メートルを外し3パットのダブルボギーで11アンダーに後退。15番で14アンダーまで伸ばし一人抜け出した黄も、17番(パー3)でよもやの「池ポチャ」、ダブルボギーをたたくなど、ライバルの自滅にも助けられた感がある。とはいえ、16番で3メートルのバーディーを沈め、18番(508ヤード、パー5)で2オン、黄にプレッシャーをかけた石川の土壇場でのショット、パット力は見事だった。

プレーオフでイーグルパットを鮮やかに決めた=共同

プレーオフでイーグルパットを鮮やかに決めた=共同

プレーオフの18番では右に飛んだ第1打がカート道で跳ねて40~50ヤード前に跳ね、フェアウエーに。「この運を生かさなきゃ。勝負を決めないと」。集中力を高め残り200ヤードを5番アイアンでピン奥4メートルに落とし、一発で沈めた。鮮やかなイーグルで2015年日本シリーズに次ぐメジャー2勝目をつかみ派手なガッツポーズ。インタビューでは声を震わせ、目に涙をにじませて3年ぶりの勝利をかみしめた。

13年から5シーズン、主戦場とした米ツアーを撤退し、昨季から国内ツアーに腰を据えた。しかし、昨季は不振の原因となったドライバーショットの曲がり幅を抑え、安定させるのにきゅうきゅう。スイング改造に格闘の日々を過ごした。「フェアウエーが100ヤードくらいあってもOBを打ったり……。1年間、苦しい時もあった」。今年5月の中日クラウンズ2日目には、腰痛で自身初の棄権に追い込まれた。

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

オン・ザ・グリーン 一覧

フォローする
新年初戦、苦手コースで自己最高12位と健闘した松山英樹=共同共同

 五輪イヤーが幕を開けた。米ツアーを主戦場とする松山英樹(27)と小平智(30)はともに前週のソニーオープン(ハワイ)で2020年をスタート。2年連続で国内賞金王に輝き、世界ランクは松山に次ぐ日本勢2 …続き (1/15)

「東京五輪で金メダルを取るところを日本の人たちに見てもらえるのはメチャクチャ格好いい」と渋野

 20歳の年に「人生が変わった」。昨年8月の全英女子オープンで日本勢42年ぶりの海外メジャー制覇をなし遂げたプロゴルファー、渋野日向子が迎えた2020年は、夏の東京五輪への出場と金メダル奪取の野望を抱 …続き (1/3)

プレジデンツカップを逆転で制した米国選抜。主将兼選手のウッズを中心にカップを持つ選手たち=APAP

 虎の目にも涙、だった。15日まで行われた男子ゴルフの米国選抜と世界選抜(欧州を除く)の団体対抗戦、プレジデンツカップで米国チームを43歳の史上最年少の主将としても選手としてもけん引したタイガー・ウッ …続き (2019/12/18)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]