NY繁華街で一時大規模停電 変圧器火災が原因か

2019/7/14 10:58 (2019/7/14 21:48更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=後藤達也】米ニューヨーク市の中心部で13日午後、大規模な停電があった。停電はマンハッタン島の繁華街を含む場所で7万戸以上に影響が出たとみられる。米メディアの報道では変圧器の火災が原因とみられている。電力供給は約5時間後に復旧した。

停電があったのはミッドタウンやアッパーウエストなど、大手企業や観光スポットが集まるマンハッタンの一部の区画。停電はウォール街では起こらず、マンハッタン全域には広がらなかった。

観光客の集まるタイムズスクエアの電飾が消えたり、地下鉄の運行が止まったりするなど、市民の生活に影響を与えた。

13日、大規模停電で暗闇に包まれたニューヨークのマンハッタン=ゲッティ共同

13日、大規模停電で暗闇に包まれたニューヨークのマンハッタン=ゲッティ共同

13日、停電したニューヨークの娯楽施設=ゲッティ共同

13日、停電したニューヨークの娯楽施設=ゲッティ共同

13日、大規模停電で真っ暗となったニューヨーク・マンハッタンの街=ロイター

13日、大規模停電で真っ暗となったニューヨーク・マンハッタンの街=ロイター

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]