2019年8月20日(火)

プロ野球

阪神・近本、球宴2人目のサイクル安打

2019/7/14 0:00
保存
共有
印刷
その他

一獲千金ならぬ「一発千金」を狙うえりすぐりの打者たちに触発されたのか、「自分も初球からいってやろうと思っていた」と全セの1番近本。一回、そうはさせじと全パ先発の山岡が投じた初球の117キロにタイミングを外され、空振り。

【球宴、全セ3年ぶり白星】

七回、三塁打を放ちサイクル安打を達成した近本

七回、三塁打を放ちサイクル安打を達成した近本

格の違いが出た、と思わせた直後だった。「緩」の後の「急」で揺さぶりにきた山岡の147キロを流し打つと、打球は左中間の深部へ。全セでは2001年の高橋由伸(元巨人)以来の先頭打者本塁打になった。

二回は一塁線を抜く二塁打、三回にも安打を放ち、ともに2番高橋の適時打で生還。球宴初出場で3安打なら上出来だが、勢いは止まらない。五回に左中間二塁打、そして七回は左越えに適時三塁打。レギュラーシーズンでも未経験の1試合5安打に、1992年の古田敦也(元ヤクルト)以来2人目の球宴でのサイクル安打。「(最後の打席は)何としても打球を上げようと思っていた」と、貪欲に狙っての快挙達成だった。

昨秋のドラフト会議で阪神は藤原(現ロッテ)をくじで外し、辰己も抽選の末、楽天にさらわれた。三度目の正直で縁を結べたのが近本だった。「外れの外れ」のドラフト1位で始まったプロ生活だが、阪神での「1番・中堅」定着に、この日の大活躍。盗塁を決めた第1戦を含め、この2日間を「百点じゃないですか」と振り返った24歳。今やれっきとした「ドラ1」の看板を背に出世レースを快走中だ。

二回には原口、梅野の連続アーチが飛び出し、先発した阪神3人衆が本塁打でそろい踏み。地元甲子園のファンにとってこの上ない夏の夜の夢となった。

(合六謙二)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

4回から2番手で登板し、4勝目を挙げたソフトバンク・椎野(19日、京セラドーム)=共同

 【ソフトバンク2―1西武】ソフトバンクが接戦を制した。0―1の三回にグラシアルの犠飛で追い付き、四回2死三塁から暴投で勝ち越した。2番手で3回を無安打に封じた椎野が4勝目、森が26セーブ目を挙げた。 …続き (19日 21:09)

6回巨人無死一塁、打者小林のときに増田大が二盗。遊撃手木浪(18日、東京ドーム)=共同

 プロ3度目のスタメン出場だった巨人の増田大が、課題の打撃で猛アピールした。四回、左越えに先制の2点三塁打。安定した守備と俊足を買われた伏兵の一振りで、試合の主導権をがっちりと握った。
【18日のプロ野 …続き (18日 19:21)

8回ヤクルト2死二塁、代打荒木が右前に適時打を放つ(18日、神宮)=共同

【ヤクルト3―2中日】ヤクルトは三回にバレンティンの適時打などで2点を先行し、八回は代打荒木の適時打で1点を加えた。ブキャナンが8回無失点で3勝目。中日は八回まで散発4安打。九回にハフから4長短打で1 …続き (18日 21:13更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。