/

この記事は会員限定です

農業技術、官民でインドに売り込み 試験的な畑で「営業」

[有料会員限定]

農林水産省は国内の農業関連企業の技術をインドに売り込む。同国内に試験的な畑を用意し、各社の先進的な農薬・肥料や収量の多い種苗などを使って耕作し、現地の人に見てもらう。日本の農業技術の「モデルルーム」として営業に活用し、インドでの販促活動につなげる。

農水省は、インドの飲食料市場は2015年で48兆円だったが、30年には人口増や経済成長により2.2倍の104兆円に拡大すると予測している。うち生鮮品は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン