菫初段、金沢で公開対局 囲碁、中国強豪に敗れる

囲碁・将棋
2019/7/13 19:05
保存
共有
印刷
その他

囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)は13日、金沢市で開かれたイベントで中国の●(くさかんむりに内)迺偉九段(55)と公開対局し、敗れた。囲碁ファンら約250人が対局を観戦した。

 中国の●(くさかんむりに内)迺偉九段(右)と公開対局する仲邑菫初段(13日、金沢市)=共同

対局は仲邑初段がわずかなハンディをもらって打たれ、●(くさかんむりに内)九段が激戦を制した。仲邑初段は対局後に笑顔も見せ、「(●(くさかんむりに内)九段は)強かった。打ててうれしかった」と話した。●(くさかんむりに内)九段は国際棋戦優勝など実績十分の強豪。仲邑初段について「いつか世界戦で対戦できるように頑張ってほしい」と期待を寄せた。

仲邑初段は8日に史上最年少の10歳4カ月で公式戦初勝利を挙げ、8月5日に次の公式戦が控えている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]