新計画「アルテミス」、推進力は国威より新技術

データの世紀
日経・FT共同特集
2019/7/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「アポロ計画」の再来を期して、米トランプ政権は2024年までに再び月に人を送る「アルテミス計画」を進める。女性飛行士の初着陸、装着型カメラを使った世界への生中継、月面での長期滞在が目玉だ。しかし国の威信を懸けて宇宙開発に突き進めた冷戦期とは完全に環境が変わった。時代の変化が大きな壁になる可能性もある。

アルテミスはギリシャ神話の女神で、アポロ計画の名前の由来となったアポロンとは双子の関係だ。しか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]