/

この記事は会員限定です

[社説]現実見据えた外交・安保の議論深めよ

[有料会員限定]

激動する国際情勢に日本の外交・安全保障はどう向き合っていくか。日米同盟を基軸とするなかで、日本が独自にできることについて議論を深める場に参院選を生かしてもらいたい。

自民党は公約の冒頭で「力強い外交・防衛」を掲げ、6年半の安倍外交の実績を強調する。今後も安倍晋三首相とトランプ米大統領の良好な関係を通じて、米国の影響力を日本の国益につなげるとともに、価値観を共有する諸外国との連携を強めていく方針だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン