車と観光バス衝突1人死亡 長野・松本、20人重軽傷

2019/7/13 15:16 (2019/7/13 20:14更新)
保存
共有
印刷
その他

13日午後0時半ごろ、長野県松本市安曇の国道158号で大型観光バスと乗用車が衝突した。松本署によると、乗用車の2人のうち、運転していた大阪市の地方公務員、金岡新太郎さん(56)が死亡し、助手席の妻(52)が重傷。バスの乗客19人も搬送され、全員が打撲などの軽傷。署が事故原因を調べている。

 乗用車と衝突し、前部が大破した大型観光バス(13日午後、長野県松本市、信濃毎日新聞社提供)=共同

バスは茨城県ひたちなか市の月川観光バスが運行。同社によると、バスは同日朝に出発し、茨城県内で客計約40人を乗せ、長野県の上高地や岐阜県高山市の温泉に向かっていた。病院搬送されなかった乗客は、別のバスに乗り換え、観光を続けるとしている。

署によると、バスは乗客の他に、運転手と添乗員計2人が乗っていたが、いずれもけがはなかった。東から西に向かっていたバスと、反対車線を走っていた乗用車が正面衝突した。連休で交通量が多かった。

現場は見通しの良い片側1車線の直線で、信号機や交差点はない。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]