/

この記事は会員限定です

だから今、REIT 11年ぶり大台、利回り求めマネー流入

[有料会員限定]

「2020年中に資産規模2000億円を目指す」。不動産投資信託(REIT)の阪急阪神リート投資法人(8977)が物件の取得を加速している。18年以降、所有物件を23件から30件に増やし、資産は1600億円に増加。さらに拡大路線を突き進む。

狙うエリアはJR大阪駅周辺(大阪市北区梅田)だ。18年末にはオフィスやホテルを含む大型施設「グランフロント大阪」の一部を取得。稼働率はほぼ100%だ。同リートの投資口価格(株価に相当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン