韓国側「理解も同意もせず」 輸出規制で日本に反論

2019/7/13 13:40
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】日本から韓国への半導体材料などの輸出規制強化をめぐる12日の日韓事務レベル会合に出席した韓国政府当局者は13日、会合で日本側が世界貿易機関(WTO)違反に当たらないと主張したことに「韓国側は理解も納得も同意もできないと伝えた」と反論した。

帰国前に記者団の取材に応じる韓国政府当局者(13日、羽田空港)

帰国前に記者団の取材に応じる韓国政府当局者(13日、羽田空港)

韓国の政府当局者が帰国前に羽田空港で記者団の取材に応じた。輸出規制の拡大の撤回を求めて日本に協議を要請したが、断られたと強調した。韓国側は4時間以上にわたって自国の立場の説明と反論を繰り返したとも主張した。

日本側が主張する不適切な事案を巡り、対象品目が韓国から北朝鮮などに不正輸出されていたという一部観測について、「北朝鮮などへの横流しは不適切な事例に該当しないと日本側から説明を受けた」と明らかにした。

一方、13日付の韓国紙は12日の会合を批判的に伝えた。革新系のハンギョレは「整理されていない会議室で韓国側の代表を迎え、韓国に冷ややかな態度をみせた」と強調した。日本の代表は韓国の代表が入室しても立ち上がらず、日韓双方ともにあいさつをしなかったと伝えた。

保守系の朝鮮日報は「倉庫のような部屋で水も無かった」と会合の雰囲気を指摘したうえで「日韓両国の主張は平行線をたどった」と説明した。直近の日韓関係の一段の冷え込みをにじませる論調が目立つが、同紙は「日本は事前に計画して準備して物事に対処する。韓国は冷静かつ落ちついて対処しなければならない」とする社説を掲載し、日本製品の不買運動には参加しないよう呼びかけた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]