/

この記事は会員限定です

ビッグデータ解析、新興企業が存在感 活用の幅急拡大

自動運転や不正検知、市場も注目

[有料会員限定]

「ビッグデータ分析」が広がってきた。自動運転を実現するための画像解析や、メールなどのテキスト分析による不正検知などに活用されている。従来は顧客情報や購買履歴の分析に使われ、マーケティングに活用されることが多かったが、用途は急速に拡大。株式市場から高い注目を集めている。

距離に応じて画像色分け

新潟市で6月5日に開かれた人工知能学会。参加者の注目を集めたのが、ALBERT(アルベルト、3906)が開発した単眼カメラによる距離推定技術の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン