山車にひかれ男性死亡 大分・臼杵祇園まつり

2019/7/13 10:06
保存
共有
印刷
その他

12日午後8時20分ごろ、大分県臼杵市で開かれていた「臼杵祇園まつり」で、同市臼杵の介護士、河村辰彦さん(54)が祭りの山車にひかれ、搬送先の病院で死亡が確認された。

関係者によると、河村さんは「宰領」と呼ばれる役割だった。山車の前を歩いて方向を指示し、先導していたが、転んでひかれたという。山車は幅約2.3メートル、長さ約7.7メートル、高さ約4.7メートル。

12日は大人が15人ほど乗り、重さは数トンあったという。祭りは14日や20日などにもあるが、実行委員会は予定していた山車の運行を全て中止すると決めた。

臼杵祇園まつりは江戸時代から続く伝統的な祭りで、県の指定無形民俗文化財となっている。12日は初日で、午後6時から開かれていた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]