社外取締役らが経営監視、「監査等委員会」1000社超す
上場企業の3割に

2019/7/13 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

社外取締役を中心にした委員会が経営を監視する「監査等委員会設置会社」の仕組みを取り入れた上場企業が1000社を超え、全体の3割弱に達した。直近の株主総会で導入が相次ぎ、6月末時点で1年前より100社増えた。外部の目線によって経営の監督を充実させる。人数を増やすよう求められている社外取締役を、社外監査役を務めていた人の横滑りで確保する狙いもありそうだ。

監査等委員会設置会社は、国内で取り入れられて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]