/

インベブ、アジア子会社の香港上場中止 市況など理由

インベブは「バドワイザー」「コロナ」「ステラ・アルトワ」などのブランドを擁する=ロイター

【ジュネーブ=細川倫太郎】ビール世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)は12日、予定していたアジア子会社の香港市場への上場の準備をとりやめると発表した。理由は「市況を含めたいくつかの要因」と説明する。今年最大の新規株式公開(IPO)になる可能性が高かった上場案件は一転、白紙に戻った。

IPOを計画していたのはインベブ子会社のバドワイザー・ブリューイング・カンパニーAPACで、19日に香港市場に上場する予定だった。最大98億ドル(約1兆600億円)を調達する計画で、実現すれば5月に米ニューヨークに上場したライドシェアの米ウーバーテクノロジーズ(約81億ドル)を上回る規模になる見通しだった。

発行済み株式数の約17%を1株あたり40~47香港ドル(550~650円)で売り出す予定だったが、関係者によると「投資家からの人気が思ったほどなかった」という。香港の株式相場の上値が重いことも投資家心理に影響を与えた可能性がある。インベブは「市況を注意深く見守りながら、長期的な成長と株主価値の向上のための選択肢を引き続き考えていく」との声明を出した。

バドワイザー・ブリューイング・カンパニーAPACは「バドワイザー」や「ステラ・アルトワ」など50以上のブランドを中国やベトナムなどで販売している。上場を機に成長著しいアジアでM&A(合併・買収)を活発化させ、「アジア太平洋でチャンピオンになる」(インベブ)と意気込んでいた。特に高級ビール市場が急拡大している中国では3位に甘んじており、一気に攻勢をかけるとみられていた。

一方で、インベブは2016年に当時世界2位の英SABミラーを買収して約1000億ドルの巨額負債を抱えた。世界的にビール業界の競争が激しくなる中、負債削減のスピードが遅く、今回の資金調達を負債圧縮に使うとの見方も出ていた。

インベブの上場は香港では10年に上場した保険大手AIA以来、9年ぶりの大型上場になる予定だった。グローバル企業の誘致に弾みをつけたい香港証券取引所にとっても痛手になりそうだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン