/

この記事は会員限定です

「節税拠点」オランダの転身 ブレグジットで注目

租税回避や人権侵害を監視 日本企業の移転進む

[有料会員限定]

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)問題が漂流するなか、欧州の統括機能などをオランダに移す日本企業が増えている。優れた物流インフラを持つ一方、働く人の人権を重視する法規制や租税回避を抑える税制など新たなルールも導入されている。オランダの法制の最新情勢を探った。(編集委員 渋谷高弘)

「アムステルダムには以前から海外持ち株会社があり、最近、国際M&A(合併・買収)の機能をもたせた。その傘下に統...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン