半導体供給網に見直し懸念 日本の存在感低下も
対韓輸出規制、世界にリスク

日韓対立
2019/7/13 0:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本による韓国への輸出規制の強化が国際的なサプライチェーンの混乱につながるとの懸念が出てきた。韓国企業の半導体生産に支障が出ると、半導体を使う日米などの家電製品メーカーにも影響が及ぶ。日本企業は半導体材料で高いシェアを誇ってきたが、韓国企業の調達分散の動きが広がれば中長期では「日本離れ」を招く恐れもある。

【関連記事】半導体材料の対韓規制、対象拡大を警戒 日韓企業

「サムスン電子とSKハイニックス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]