EUデータ保護規則、意識浸透 摘発強化へ
仏データ保護機関トップに聞く 法令順守、経営者の関与を

2019/7/14 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厳格な個人情報保護を求める欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が施行して1年が過ぎた。フランスのデータ保護機関である情報処理・自由全国委員会(CNIL)は、2019年1月に米グーグルへの制裁金を命じるなど摘発にも精力的だ。2月に委員長に就き、このほど来日したマリー・ロール・ドゥニ氏に、活動状況や今後の方針を聞いた。

――GDPR施行後の変化をどうみていますか。

「GDPRは成功してい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]