/

この記事は会員限定です

ヤマト、4~6月営業赤字60億円 人件費膨張

[有料会員限定]

ヤマトホールディングス(HD)の業績が再び低迷している。2019年4~6月期の連結営業損益は60億円程度の赤字(前年同期は95億円の黒字)になったようだ。営業赤字は19年1~3月期(159億円の赤字)から2四半期連続。ドライバーの採用を拡大し、人件費などのコストが膨らんだ。一方で宅配便など荷物の取扱量は競争激化で伸び悩んでいる。

営業赤字の主因は荷物の取扱量以上に人件費が膨らんだことだ。ドライバーを中心に従業員数は6月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り525文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン