JR須賀川駅に東西連絡路 駅舎も改築 福島県須賀川市

2019/7/12 19:57
保存
共有
印刷
その他

福島県須賀川市とJR東日本は、東北本線の須賀川駅を東西連絡通路を備えた高架型に全面改築する。「半橋上駅舎」と呼ばれる構造で東口にある現在の駅舎は待合所などとして残し、橋上部に新たに改札を設ける。完成は2023年度末の予定。並行して西口に駅前ロータリーと公園などを整備し、新しい道路もつくる。連絡通路は屋内型で自転車を押して通れるようにし、東西の交流をしやすくする。

JR須賀川駅東口(福島県須賀川市)

市のシンボルであるウルトラマン像の建つ東口に比べ、西口は開発の遅れが指摘されていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]