群馬県草津町長、草津温泉の「時間湯」存続方針

2019/7/12 19:48
保存
共有
印刷
その他

群馬県草津町の黒岩信忠町長は、草津温泉で江戸時代から続くとされる独自の入浴法「時間湯」を存続させる方針だ。時間湯の指導役である湯長(ゆちょう)は2020年3月で廃止する方針だが、安全性を高めるため温度を引き下げても時間湯の伝統を守れるとしている。

草津温泉独自の入浴法「時間湯」の湯長

現在の時間湯は、湯長が指示した時間や回数で48度に設定された湯に入浴している。高温の湯に入るため事前に湯長が入浴客に体調などを尋ねている。これが医療行為に当たる疑いがあり、黒岩町長は湯長を廃止する考えを表明。一方で時間湯を存続させる方針を記した文書を町民に配布して説明した。

今後、時間湯は温度を42度程度に引き下げ、湯長の代わりに「見守り役」などを配置する方針。黒岩町長は「もともと時間湯の原点は38度以上での集団入浴だった」と説明しており、温度を下げても時間湯の伝統を守れるなどと話している。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]