2019年8月26日(月)

JR北がメガソーラー参入、岩見沢で来春稼働

2019/7/12 19:13
保存
共有
印刷
その他

JR北海道は大規模太陽光発電(メガソーラー)に参入する。北海道岩見沢市内に出力1400キロワットの設備を建設中で、2020年春の稼働を予定している。工事費は約4億円。1994年に廃止した車両基地「空知運転所」の跡地を転用した。同社は自社の遊休地活用を進めている。

年間発電量は一般家庭481世帯分に相当する213万キロワット時を計画。固定価格買い取り制度(FIT)に基づき、1キロワット時あたり18円で北海道電力に売電し、売電収入は年間に約4千万円を見込む。売電単価は20年固定で、17年ほどで投資回収が可能という。

JR北が太陽光発電事業を手掛けるのは今回が初めて。施設の施行や維持管理は大和ハウス工業が担う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。