/

小麦国際価格、大幅上昇 欧州産など供給減観測で

小麦の国際価格が大幅に上昇した。指標となる米シカゴ小麦先物(期近)は11日、1ブッシェル5.36ドルと前日比5%高かった。日本時間12日夕時点の時間外取引でもほぼ同値で推移している。欧州産などの生産が減るとの情報が買い材料となった。

米農務省が11日公表した7月の農産物需給報告で2019~20穀物年度の小麦の世界生産を7億7146万トンと6月予想から1%引き下げた。生産量の多い欧州連合(EU)やロシアなどで乾燥気味の天候が続き生産が減るとの観測を映した。

米国産トウモロコシは1エーカーあたりの収穫量(単収)と作付面積を6月予想から据え置いた。同省は今月、洪水被害のあった中西部を中心にトウモロコシと大豆の作付面積を再調査する見込み。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン