メルカリ、福岡市と包括協定 キャッシュレスで災害義援金

2019/7/12 18:57
保存
共有
印刷
その他

フリーマーケットアプリのメルカリと福岡市は12日、災害対策や地域活性化などの包括連携協定を結んだ。自然災害などの義援金をキャッシュレス決済サービス「メルペイ」で送れる仕組みなどを作る。同社の小泉文明社長は「技術開発を現在進めており、近く運用を始めたい」と話した。

同社は高齢者などを対象にしたアプリの利用講座を始めており、福岡市でも同様の取り組みを進める。高島宗一郎市長は「スマートフォンを持つ人が増えるなか、市民サービスの向上に役立つと判断した」と協定に期待感を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]