福岡市の税収3千億円に 人口増で6年連続過去最高

2019/7/12 18:45
保存
共有
印刷
その他

福岡市は2018年度の市税収入が17年度比13%増の3325億円の見通しになったと発表した。6年連続で過去最高を更新し、3千億円台は初めて。地方税法の改正で県からの財源移譲があり、人口増も加わって個人市民税が33%増の1244億円と大幅に伸びた。

法人市民税も10%増の449億円だった。インバウンド(訪日外国人)の増加を追い風にサービス業を中心に業績が上向いた。固定資産税・都市計画税は3%増の1410億円。課税額に対する納付額の割合は9年連続で向上し98.7%と3年連続で過去最高を更新した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]