/

外務次官、米国務次官補と会談

(更新)

秋葉剛男外務次官は12日、外務省内でスティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)と会談した。対北朝鮮での連携を確認し、イラン情勢についても意見交換した。秋葉氏は元徴用工訴訟などで悪化する最近の日韓関係に関し日本の立場も説明した。

トランプ米大統領が6月末、日米安全保障条約を「不公平だ」と批判したことは話題にのぼらなかったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン