2019年7月21日(日)

中部電で不正ログイン 個人情報最大234件流出

環境エネ・素材
中部
2019/7/12 18:08
保存
共有
印刷
その他

中部電力は12日、家庭向けインターネットサービスで不正ログインがあり、顧客の氏名や住所など最大234件の個人情報が流出したと発表した。金銭的な被害は確認されていないという。被害が最も多かったのは愛知県の104件で、次いで静岡県の37件、岐阜県の35件となっている。

不正ログインがあったのは10日から11日で、顧客の氏名や住所、電気やガスの請求額、契約プランなどが見られる状態となった。電気料金の支払いなどに使えるポイントの不正利用はなかったという。

中部電は第三者がほかのサービスからIDとパスワードを入手するなどして顧客になりすまし、不正ログインしたとみている。個人情報が流出した顧客に対し、個別に謝罪するとともにIDとパスワードの再設定を依頼している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。