2019年7月17日(水)

埼玉県、医師の海外留学支援 先端技術持つ医師確保で

地域
2019/7/12 17:37
保存
共有
印刷
その他

埼玉県は医師の海外留学支援に乗り出す。県内外から留学を希望する医師を募り、海外の医療機関の研修や渡航費にかかる費用を補助する。医師が不足している小児科や産科、救急などの分野で最先端の医療技術や知識を習得し、帰国後は地域の医療をけん引する医師としての活動を期待している。

申請は24日までで、対象者は2~6人ほど。書類や面接審査を通じて対象者を決める。最大30万円の渡航費に加えて、研修や滞在にかかる費用として1日1万円を補助する。補助金の上限額は留学期間によって異なる。例えば、6カ月以上の留学であっても300万円を上限とする。

県内外を問わずに医師を募るが、対象者はいくつかの条件を満たす必要がある。臨床研修病院か日本専門医機構が認定する専門研修プログラムの基幹施設に勤務している専門医資格のある医師で、留学後は埼玉県の医療機関で留学期間の3倍の期間(最短でも1年間)勤務することなどを条件にする。

研修内容は自身か指導医などが決めた海外医療機関での小児科、産科、救急など診療科の臨床に関する研修とする。

埼玉県では医師の確保が課題になっている。留学支援を通じて海外の先端知識・技術を習得した地域医療の担い手を育成し、さらに研修生や若手医師などの呼び込みにつなげたい考え。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。