/

この記事は会員限定です

吉本興業会長「反社会勢力との決別徹底」 闇営業問題

[有料会員限定]

吉本興業ホールディングスの大崎洋会長が12日、所属芸人が会社に無届けで反社会的勢力(反社)のイベントに出席、報酬を得ていた問題について日本経済新聞の取材に応じた。大崎会長は「10年前に反社との決別を宣言し、社員、芸人の研修も重ねてきたが、このような事態を招き無念だ。会社として責任を痛感している」と語り、再発防止策を進めていることを明らかにした。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2801文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン