2019年9月22日(日)

関電、東大発スタートアップに出資 太陽光パネルを監視

2019/7/12 17:12
保存
共有
印刷
その他

関西電力は12日、電力線通信で太陽光パネルを監視する技術を持つ東京大学発スタートアップのヒラソル・エナジー(東京・文京)に出資すると発表した。関電の50億円のスタートアップ投資枠から11件目の投資となる。出資額は非公表。関電の太陽光発電設備でヒラソル・エナジーの技術を使い実証実験を進め、関電内での活用や新サービスの開発につなげる。

ヒラソル・エナジーは独自の電力通信技術を使って太陽光発電設備をパネル単位で管理するシステムを開発中だ。パネルに取り付けたセンサーから電圧や温度などのデータを収集し、人工知能(AI)で解析。保守点検の人件費低減や不具合の早期発見につながる効率のよい遠隔監視の仕組みを目指している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。