2019年8月26日(月)

子供の成長、眠育で守る 早寝の生活リズムを定着
夜更かしは学力に影響

2019/7/14 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

塾や習い事などで帰宅が遅くなったり、スマホの利用で夜更かししたりして睡眠不足に陥る子供は多い。そこで親子に睡眠の大切さを教え、規則正しい生活リズムを促す「眠育」が広がってきた。睡眠習慣の乱れは学習意欲や学力の低下、不登校などを招きかねない。地域や学校の取り組みや家庭でできることを探った。

「成長ホルモンは眠っている間にたくさん出ます。睡眠は心身の働きを健康に保つメンテナンスの時間なんですよ」――…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。