/

この記事は会員限定です

コナンの聖地仕掛け役、青山剛昌ふるさと館の石田館長

(My Way)

[有料会員限定]

著名な漫画家を輩出した「まんが王国」として観光振興を図る鳥取県にある目玉施設が青山剛昌ふるさと館(北栄町)。漫画「名探偵コナン」の原作者・青山剛昌氏が同町出身という縁から、町が施設を整備・直営する地域おこしの拠点だ。インバウンド(訪日外国人)も順調に増加。館長の石田敏光(67)はコナンファンの国際的な聖地として魅力づくりに力を注ぐ。

2007年に町が約2億円を投じて施設を整備。07年度に7万800...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り905文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン