コナンの聖地仕掛け役、青山剛昌ふるさと館の石田館長
(My Way)

2019/7/13 10:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

著名な漫画家を輩出した「まんが王国」として観光振興を図る鳥取県にある目玉施設が青山剛昌ふるさと館(北栄町)。漫画「名探偵コナン」の原作者・青山剛昌氏が同町出身という縁から、町が施設を整備・直営する地域おこしの拠点だ。インバウンド(訪日外国人)も順調に増加。館長の石田敏光(67)はコナンファンの国際的な聖地として魅力づくりに力を注ぐ。

2007年に町が約2億円を投じて施設を整備。07年度に7万80…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]