/

この記事は会員限定です

働く親を悩ませる 夏休みの弁当、都内学童で共同購入

[有料会員限定]

東京都内の公立の学童保育で、夏休み中に弁当を共同購入する動きが広がっている。学童保育は共働きやひとり親家庭の小学生が放課後を過ごす場所。夏休みであれば、朝から弁当を持ってやってくる。夏場の弁当づくりの手間を減らそうと、保護者会などがネットで手軽に注文できる仕組みを取り入れている。

都内50カ所の学童保育が導入

「宅配弁当という選択肢があることが心の支えになる」。台東区在住の女性経営者(49)はうれしそう。小2の娘が通う公立学童...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン