「スマート農業など旗振り」 北陸農政局長が着任会見

2019/7/12 19:30
保存
共有
印刷
その他

北陸農政局の森沢敏哉局長は12日、金沢市内で着任会見を開き「輸出や6次産業化、スマート農業などの政策の旗を振りたい」と語った。

北陸農業の強みであるコメについては、需要が減少傾向で厳しい状況にあるとした上で「主食米の動向など生産者にきめ細かい情報を提供し、需要に応じた生産を徹底する」と話した。

福井県で豚コレラに感染したイノシシが見つかった問題については「警戒レベルを上げる必要がある」と話し、今夏中に3県でワクチン入りの餌をまける環境を整えたいとの考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]