/

この記事は会員限定です

人材多様化で生産性1ポイント向上、経済財政白書案

[有料会員限定]

内閣府は近く公表する2019年度の経済財政報告(経済財政白書)で、人材の多様性が高まった企業の生産性が年率1ポイント程度上昇するとの分析を示す。男性と女性が平等に活躍する企業ほど収益率が向上する傾向にあることもわかった。高齢者や外国人を含めた多様な人材の確保に向けて、年功序列など「日本的な雇用慣行の見直し」を求める。

経済財政白書の原案によると、今年は少子高齢化や人口減少が進む日本で求められる働き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン