ディスコ 長野県に第2拠点 社長「茅野、飯田が有力」

2019/7/12 20:00
保存
共有
印刷
その他

半導体製造装置メーカー、ディスコの関家一馬社長は12日、長野事業所・茅野工場(長野県茅野市)で記者会見し、長野県内に第2の製造拠点が将来必要になってくるとの考えを明らかにした。長期的に生産体制の強化が課題になるとの認識で、用地を選定する作業を始めているという。

記者会見するディスコの関家一馬社長

ディスコの長野事業所・茅野工場の新棟建設予定地(長野県茅野市)

関家社長は「長野県内で第2拠点が(将来は)必要だ。(現在の拠点がある)茅野市が有力候補だが、リニア中央新幹線が通る飯田市も捨てがたいと考えている」と説明した。ただ、用地は「じっくり、いいところを探す」と語り、取得時期や規模などは未定という。

同社は生産体制の強化を進めている。長野事業所・茅野工場では15日、新棟の建設工事に着手する。12日は建設予定地を報道陣に公開した。

新棟は免震構造の10階建てで、延べ床面積は約13万2千平方メートル。投資額は約175億円で、20年末に完成する予定。新棟建設は広島県の製造拠点が被災した場合のリスク回避に備える狙いもある。

半導体製造装置はメモリー市況の悪化や米中貿易摩擦の影響を受け、19年の世界販売額は減少する見通しだ。関家社長は「予測は気にしていない。長期的には人類は半導体を使っていく」と述べ、自動運転車や人工知能(AI)、医療などの分野で半導体需要は伸びていくとの認識を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]