2019年8月20日(火)

同一賃金同一労働 「不合理な待遇差」を禁止
(解説 働き方改革関連法)

2019/7/14 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

4月に施行された働き方改革関連法の大きな柱の一つが「同一労働同一賃金」だ。同じ企業で同じ業務に就いている人は、正規や非正規といった雇用形態に関係なく、同じ水準の賃金を支払うという原則だ。2020年4月から順次導入される。不合理な待遇の格差を禁じ、日本の働く人の約4割を占める非正規労働者の処遇改善につなげる。

総務省によると、18年の日本の非正規労働者は2120万人。平均の賃金水準は正規の労働者の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。