年金制度が変わる 「長く働く」が有利に
老後のお金 100年の計(3)

2019/7/14 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「2000万円不足」で老後のお金が話題になり、公的年金を頼りなく感じた人もいるだろう。年金制度を国は今、どう変えようとしているのか。

【関連記事】厚生年金、加入者が亡くなると孫や親にも遺族年金

経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)に盛り込まれた改正点は3つある。まず年金のもらい始めを遅らせる繰り下げ受給の柔軟化だ。65歳を基準に70歳までだった年齢の上限を70歳超も可能にする。75歳まで延ば…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]