商社、アフリカに「消費」の種 資源軸の投資に変化

日経産業新聞
2019/7/16 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総合商社のアフリカビジネスが転機を迎えている。従来は資源や政府開発援助(ODA)の関連投資が中心だったが、人口急増を見込んだうえで食料生産や物流といった「消費」に商機を探る。日本政府が8月に横浜で開くアフリカ開発会議もにらみ、世界経済の「最後のフロンティア」と称されるアフリカへの投資熱が一段と高まりそうだ。

ケニアなど東アフリカの農村地帯で、「ファームゲート」と呼ばれる建物が多く見られる。農家が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]