2019年8月21日(水)

東京ガスなど、IoTで浴室見守り センサーで居眠りなど検知

2019/7/12 14:17
保存
共有
印刷
その他

東京ガスと住宅用ガス機器メーカーのパーパス(静岡県富士市)は共同で風呂場の見守りシステムを開発した。給湯器のリモコンに搭載し、8月に両社から発売する。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術を活用。専用センサーが入退室や、入浴中の居眠りなどを検知し、異常があると、チャイムや音声で知らせる。入浴中の事故対策に役立てる。

東京ガスなどが発売する「AXis スマート ステルスリモコン」の標準タイプ。右端の浴槽のアイコンが人が湯船に入っていることを示す。

開発した「安心入浴サポート機能」は給湯器用のリモコン「AXiS スマート ステルスリモコン」シリーズに搭載する。東京ガスと九州工業大学の共同研究をもとに、必要なセンサーなどを2社で開発した。リモコンに人感センサーと水位センサーを搭載した。浴室のドアにドアの開閉を検知するセンサーをとりつけ、組み合わせて浴室内での状態を検知する。

水位が上がると入浴中と判断。一定時間動かなければ浴室内で声がけをする。応答がなければ台所にあるリモコンに警告を送る。台所のリモコンからは、浴室のドアの開閉や浴室で人が動いているか、湯船に入っているかどうかなどがわかる。対応給湯器であればリモコンを買い替えるだけでシステムが使える。リモコンの希望小売価格は標準タイプで税別5万9800円。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。