/

この記事は会員限定です

リクルート株、1.6兆円分が売られる日

証券部 白壁達久

[有料会員限定]

株式時価総額が6兆円を超え、東証では12位の規模を誇るリクルートホールディングス。2020年3月期の業績見通しは開示していないものの、峰岸真澄社長は「全事業で増収増益になる」と語り、4期連続の最高益に向けて快進撃が続く。

株価は昨年10月に上場来高値の3845円をつけて年末に2500円台まで下げたものの、好調な業績を追い風に今年7月には3600円台を回復した。14年の上場時に比べて3倍強(分割を考慮)に跳ね上がっている。検...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン