/

新施設の滑り台で子供15人けが 生駒山上遊園地

近畿日本鉄道は12日までに、子会社が運営する生駒山上遊園地(奈良県生駒市)の筒状滑り台で、5~10歳の子供15人が頭を打つなど軽いけがを負ったとして、一部遊具を使用中止にすると発表した。滑り台は13日オープンの有料エリアに設置され、けがをした子供たちは6、7日のプレオープンに招かれていた。

生駒山上遊園地のチューブ形滑り台(6日、奈良県生駒市、近鉄提供)=共同

滑り台の名称は「チューブスライド」で、全長25メートル、高低差10メートルのチューブ形。子供は滑走中にチューブ内の天井部分に頭をぶつけ、こぶやすり傷ができた。スピードの出すぎで体が浮いたことが原因とみられる。近鉄によると、滑り台の対象年齢は2~12歳という。

同社によると、6日に招かれた子供たちのうち、7人が同滑り台で頭を打つなどのけがを負ったが、いずれも軽傷だったため使用を継続。7日はさらに8人の子供が同様のけがを負ったため、午後3時から使用中止とした。担当者は「使用中止にするタイミングが遅かった。判断が甘かった」と話す。

同遊園地では、8日に別の滑り台でも試験的に滑った20代の女性従業員が足首を骨折したとして、計2つの滑り台を当面使用中止にした。近鉄は「今後事故の原因を詳しく調べる」としている。

滑り台を設計・監修した輸入玩具販売のボーネルンド(東京・渋谷)は、2つの滑り台について設計上の問題がなかったかどうか検証する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン