2019年7月21日(日)

官房長官「適切に対応」 イラン沖の有志連合

イラン緊迫
政治
2019/7/12 12:30
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は12日の記者会見で、中東地域で船舶を護衛する有志連合の結成を呼びかけるトランプ米政権の方針に関し「状況に応じて適切に対応したい」と述べた。日本政府への打診の有無については明言を避け「必要な情報を収集し、情勢を注視している」と語った。

日米の安全保障協力を巡っては、来日中のスティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が日本政府関係者との会談を予定している。菅氏は有志連合をめぐり協議するかを問われ「予断を持って答えることは控えたい」と話した。

菅氏は米国とイランの対立を受けた中東情勢の緊迫化を踏まえ「中東地域の緊張の高まりを深刻に懸念している」との認識を示した。「米国をはじめとする関係国と連携し、地域の緊張緩和、情勢安定化に向け外交努力を継続したい」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。