2019年8月22日(木)

「2000万円」へ税優遇生かす NISAやイデコで

2019/7/13 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

参院選で争点の一つにもなっている老後資金問題。きっかけとなった金融庁の報告書は公的年金を補うため、早い時期から自助努力での資産形成を促すことが本来の趣旨だった。報告書が一例として示した不足額2000万円を資産運用で作るには様々な税優遇制度の特徴を理解し、併用することが重要だ。

【関連記事】高齢者世帯の収入、公的年金が6割 総所得は334万円

表Aが主な税優遇制度だ。確定拠出年金(DC)は運用成績し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。