2019年8月18日(日)

かんぽ生命、時価総額が一時1兆円割れ 不適切販売で

2019/7/12 11:13
保存
共有
印刷
その他

かんぽ生命の株価ボード(12日、東京・八重洲)

かんぽ生命の株価ボード(12日、東京・八重洲)

12日の東京株式市場でかんぽ生命保険の株式時価総額が一時、1兆円を下回った。2015年11月の上場以来、1兆円を割り込むのは初めて。同社の保険を巡っては、新旧契約が重複して保険料を二重に徴収していた事例など9万件を超える契約で顧客に不利益を与えた可能性が発覚した。これに伴い、今後の契約獲得が厳しくなるなど業績悪化の懸念が高まった。

かんぽ生命株は12日午前に一時前日比25円安の1770円まで下落し、取引時間中の上場来安値を更新した。同社株は11日まで3日続落しており、不適切販売を嫌気した投資家からの売りが続いている。

かんぽ生命は不適切販売について第三者委員会を設けて実態解明を進める方針だ。販売時の法令違反などが明らかになれば金融庁から行政処分を受ける可能性もある。

【関連記事】
かんぽ全顧客に意向確認 2900万件、不満なら返金も
かんぽ・日本郵便、8月まで保険営業自粛
郵政株、売却シナリオ暗雲 かんぽの不適切販売で
かんぽ生命、ノルマ偏重を見直しへ 植平社長が謝罪
郵政不正、金融依存の体制にきしみ 民営化にも影
かんぽ生命、止まらぬ不正 保険業法抵触の恐れも
かんぽ生命、2万2千件で保険料の二重払い
かんぽ生命、1.9万件乗り換えできず 不利益販売調査へ
総務省、郵政に改善指導 不適切販売など巡り
その投信・保険、本当に必要? 高齢者でトラブル多く

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。