台湾の蔡英文総統、NYに到着 中米4カ国歴訪で

2019/7/12 7:21
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋そら】台湾の蔡英文総統は11日、外交関係のあるカリブ海の4カ国を歴訪するため、チャーター機で経由地であるニューヨークに到着した。台湾メディアはニューヨークのコロンビア大で講演、米コロラド州デンバーで米議会の議員と面会の予定があると報じている。実際に米政府関係者との接触があるか注目されている。

カリブ海4カ国歴訪の出発に前に談話を発表する蔡英文総統(11日、台湾北部の桃園空港)=総統府提供

蔡氏はハイチとセントクリストファー・ネビス、セントビンセント・グレナディーン、セントルシアの4カ国を初めて訪問し、首脳らと会談する。往路でニューヨーク、復路でデンバーに立ち寄る予定だという。22日に台湾に帰る。

蔡氏は出発前に「『外部勢力』の脅威に直面するなか、理念の近い国と協力して民主制度を強固にする」と述べた。次期総統選で再選を目指すうえで、米国と接近して支持を集める戦略を打ち出している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]