/

米アマゾン、従業員の再教育に760億円 新技術に対応

【ニューヨーク=高橋そら】米アマゾン・ドット・コムは11日、7億ドル(約760億円)を投じて米国の従業員の3分の1に当たる10万人を2025年までに再教育する計画を明らかにした。技術革新による業務内容の変化への対応を支援する狙いがある。

アマゾンでワールドワイド・コンシューマー部門の最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ウィルク氏は「テクノロジーが社会を変え、業務も確実に変えている」と述べた。同社は既存の研修プログラムの拡充に加えて新プログラムも用意し、より高度な職種への異動・転職を支援する。

同社の声明文によると、従業員らが「オフィスや技術拠点、物流センター、小売店などで高度な役割を担うための訓練を受けられるようになる」という。研修への参加は任意で多くのプログラムは無料で提供される予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン