2019年7月22日(月)

「緩和の根拠強まる」FRB議長証言要旨

北米
2019/7/12 5:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は10~11日に米議会証言に臨んだ。主な発言は次の通り。

【金融政策】

5月の米連邦公開市場委員会(FOMC)以降、逆風が再び現れた。前進しているようにみえた貿易交渉は逆に不確実性が増した。企業や農業関係者は大きな懸念を抱いており、経済指標も総じて失望を招くものだった。こうした懸念は最近の企業景況感調査に影響を及ぼし始めた可能性がある。

6月のFOMCの声明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。