FRB議長「日本を教訓、後手に回らぬ」 利下げ意欲

2019/7/12 2:23
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は11日、米上院銀行委員会での議会証言で「2%の物価上昇率を大きく下回りたくない。後手に回らないようにするのが、日本から得た教訓だ」と述べた。米経済の物価停滞を懸念して、早期の利下げに改めて意欲をみせた発言だ。

パウエル議長は10日の下院委に続いて、11日も上院委で議員との質疑応答に臨んだ。米景気は「非常にいいとこ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]